和装 花嫁衣裳

格調高く華やかな色と柄が特徴的な打掛や引き振袖は着物の本場、京都の職人が仕立て。
その中でも上質のものを女将が厳選し陣コレクション。お気に入りの和装で一生に一度の晴れの日をお迎えくださいませ。

和装の花嫁衣裳には、白無垢・色打掛・引き振袖(お引き摺り)の3種類。一番格上とされるのが 白無垢 といわれ「清浄潔白」「嫁ぎ先の家風に染まる」をあらわす白色を全身に纏った挙式衣裳です。色打掛や引き振袖は色とりどり華やかで、幸せになってほしいという願いの込められた鶴や御所車、四季の花々などを描いた様々な吉祥文様が施されている。また赤色には「内に秘める情熱」 「一生懸命にお仕えする決意」。黒色には「嫁いだ後に他の色に染まらない」由来があり白色を含め婚礼の3原色といわれています。

alt1:ブライダルフェア

今なら花嫁衣裳試着体験付きのブライダルフェア開催中!

ブライダルフェアを見る

提携ドレスショップ

写真クリックで、文様の説明などをご覧いただけます。